占い

神社でおみくじ占い

神社での占いについて

おみくじ

占いとは人間の作ったおまじないの一種でその歴史は非常に長く今現在でも多くの老若男女が世界各地で愛されています。その占いでも種類は様々で多種多様です。例えば神社でのおみくじでもそうです。あれは木の筒のような物の中から多くの細長い棒を参拝客が取り出してその棒に記載されている中に大吉や中吉小吉などが書いてあり、大吉が一番良い運勢だと言われています。その次に中吉、小吉などが続きます。一番悪いのは大凶と言われています。悪い運勢が来てしまったとしてもそれは所詮数ある中での占いの一つに過ぎませんのでそこまで気にするようなことはありません。気落ちするようならまた別の運勢占いをしてみたらよろしいです。神社では他にも紙をお金を払って購入してその紙に書いてあることが自身の運勢としてあるのもあります。

その長所などメリットについて

芸能界でも色んな方がいて占いに詳しい方がいますが、風水のような自身の身の回りにおいて何かを変えると運気が上がるという変わったものもあります。例えば今着ている服を別の色の服に変えてみたら運気が上がり、良いことが起こったなんてこともあるとのことです。お金が沢山欲しいという願望を持っているならば、黄色や金色の洋服を着てみればあなたに将来的に金運が巡ってくるでしょうなどと謳い文句をかけている占い師は存在します。類似的には宗教でいう神に教えを乞うようなそんな胡散臭いイメージを持つかとそう感じる方もいらっしゃるかと存じますが、興味本位で占ってほしい又は断腸の思いなどで神に慈悲を乞い たいと感じている方がいれば是非騙されたと思って占ってみてばどうでしょうか、決して損はしないです。